相続税と贈与税の関係

相続税は、被相続人が死亡したためにその遺産を相続した立場の人が、支払う税金ですが、贈与税は、贈与する人が贈与を受ける人に財産をあげることで発生します。

相続税の金額が膨大になることがあらかじめわかっている時などに、計画的に少しずつ贈与を行うなどの方法を取ることが多いので、混同しないようにしたいところです。

贈与税で気を付けたいのは、亡くなる3年前までの贈与についてです。

想像開始前の3年以内の贈与に関しては、相続財産に含まれるとされています。

相続時精算課税制度は、事前に贈与税を支払う場合、相続税はかからない場合、精算還付されますが、3年以内に通常贈与での贈与税を納めた場合、相続税がかからなくても、贈与税が還付されないなど、後で支払う税金の金額に大きく違いが出るケースも少なくないので、http://www.belmarrestaurant-sxm.com/等のサイトを参考に、自分の場合はどうなのか、確認しておくことが必須でしょう。